ミュート | ギター初心者上達委員会

ミュートとは

ミュートとは、音を止める・消す事です。


楽器は演奏する道具なので、音を出す事には誰でも意識が向くのですが、音を出す事以上に音を止めることは重要です。


ミュートが出来ていないと、ノイズが入り音像が不鮮明になってしまったり、休符がはっきりしなくなるので、リズムにもキレやノリが無くなってしまいます。


特にギターは、1つの弦を弾く事で他の弦にも振動が伝わり、無駄なノイズが出てしまい易い楽器ですので、弾いている弦以外は常に出来る限りミュートをしておくように心がけましょう。


最初は難しく感じるかもしれませんが、なれてくれば自然とミュートしながら弾くフォームが身に付いてきます。

ミュートの方法

ミュートの方法にはいくつかありますので、代表的なものを紹介します。


ブリッジミュート
右手の手のひらを使用したミュート
パワーコードのミュートや、高音弦を弾くときに低音弦が鳴ってしまわないように使用。
ギターソロを弾くときや、バッキングでコードのの音を完全に止めるときなどとにかくお世話になるミュート方法


ピックストップ
弾いた弦にピックをあて、音を切るミュート方法
ディストーションで深く歪ませると、ミュートと言うよりハーモ二クス音が出てしまうため、メタルギタリストはあまり使用しないかもしれません。
私は、主にクランチやクリーントーンで、ブルースソロや、クリーントーンによるジャズっぽいソロを弾くときなどに使用します。
ピックの変わりに、空いた右手の指を使う場合もあります。


左手によるミュート
特に名称はありませんが、左手の空いた指で弦に触れる事で音を止めるミュート方法
カッティングギターからスウィープ奏法まで、あらゆるジャンルの弾き方でお世話になるミュート方法


代表的なミュート方法を紹介しましたが、上手なギタリストは演奏時にミュート方法を意識しているのではなく、自然にミュート出来る弾き方を見につけているものです。


初心者の方は、常にノイズ=余計な音が出ていないかを意識し、自然にミュートが出来るフォームが身に付くように練習しましょう。