グリッサンド・グリス | ギター初心者上達委員会

グリッサンド・グリスとは

グリッサンドは、スライドと同じように指を指板上を滑らすようにして音を出すギター奏法です。


楽譜上では【G】等で表されます。

スライドとの違いは、最終的な音程や始まる音程が決められていないということです。


弦を滑らせるスライド音を装飾音として加えるのがグリスです。


グリスには、指定された音程に向かっていくグリスと、指定された音程を出してから装飾音を加えるグリスがあり、装飾音の音程は、上がる場合も下がる場合もあり、楽譜上では音程の高低に関しては指定されます。


また、装飾音としてスライド音だけを出すグリスもあります。

グリッサンド・グリスの方法

グリスは、音程が指定されていないので、音の出し方は演奏するギタリストのセンスに全て委ねられます。


よくあるパターンとしては、ロック系の曲で、ギターソロやサビの前に入れられる低音弦のグリスや、ギターソロの最後の音にヴィブラートをかけた後、グリスで逃げてそのままバッキングに戻る時などに使われる事が多いです。


自分の好きなギタリストのグリスの使い方などを真似していれば、何となく感覚がつかめると思いますが、初心者のうちは、コピーした曲にグリスが使われていると、似たような音を出すのにも苦労するかもしれません。