エコノミーピッキングとオルタネイトの違い | ギター初心者上達委員会

エコノミーピッキングとは

エコノミーピッキングは、弦移動を含んだピッキング時に連続したダウンピッキングやアップピッキングで弦移動を対処するピンキングの事です。


弦をまたぐ無駄な動きを省略していることから、エコノミーピッキングと呼ばれます。


1つの弦に対して3音のフレーズで使用され、スケールをなぞるような速弾きフレーズに使用されます。


逆にダウン→ダウン→アップ、アップ→アップ→ダウンのようにピッキングのリズムがバラバラなので、リズムをキープしにくいという欠点があります。


イングウェイマルムスティーンが上昇時のみエコノミーピッキングを使用することで有名です。

エコノミーピッキングの方法

以下のフレーズをエコノミーピッキングで弾いて見て下さい。



ダウン・ダウン・アップのピッキングパターンの繰り返し

|-------------------------------5-7-8-|
|-------------------------5-6-8-------|
|-------------------4-5-7-------------|
|-------------3-5-7-------------------|
|-------3-5-7-------------------------|
|-3-5-7-------------------------------|


アップ・アップ・ダウンのピッキングパターンの繰り返し

|-8-7-5-------------------------------|
|-------8-6-5-------------------------|
|-------------7-5-4-------------------|
|-------------------7-5-3-------------|
|-------------------------7-5-3-------|
|-------------------------------7-5-3-|

エコノミーだけで速弾きを覚えてしまうと、オルタネイトピッキングが弾けなくなってしまうので、必ず両方のピッキングで練習しましょう